■講師プロフィール

藤井 学  Manabu Fujii

19661020日、広島県福山市生まれ。

幼少よりピアノを習い、12歳より吹奏楽部でトランペットを担当。14歳から友人とバンドを結成し、ドラムを始める。

15歳の時、「リッチvsローチ」のレコードを聞き、JAZZに目覚める。その後、地元福山でロックバンドやイベントで演奏するようになる。

大学進学を期に名古屋で佐竹伸泰氏に師事。

ロックバンド<ボニータ>に参加。イベントを中心に活動。

20歳から小濱安浩カルテットに参加。本格的にライブ活動を始め、納谷嘉彦トリオ、森剣治カルテット、和田直バンドなどで活躍。ヒルトンホテルのハウスバンドや地元テレビ・ラジオに出演。

その後、上京し、名古屋時代より共に活動していた滝野聡のデビューと共に、滝野バンドに参加し、ライブハウス、ラジオ等で活躍。また阿川泰子のバックバンドとして、日本テレビ「オシャレ3030」にも出演。

現在は東京を拠点に、各地のライブハウス、イベントなどで活躍中。

JAZZだけでなく、FUSION・ROCK・SOUL・BOSSA NOVA・LATINなど、様々なジャンルに対応できるドラマーとして厚い信頼を得て、各イベント・CD録音などにも参加している。

2000年、2001年には横浜JAZZプロムナード、2003年~2005年、岡山JAZZフェスティバル、2005年、室蘭ジャズクルーズ(小林桂+小林洋カルテット)、台湾台中ジャズフェスティバル(木住野佳子トリオ)等に出演。また、ボーカリストとしてCMソングも数多く歌っている。

 

主な共演者は、阿川泰子、小林桂、寺井尚子、木住野佳子、アキコグレース、石井彰、山田穣、橋本一子、林栄一、原朋直、松島啓之、椎名豊、納浩一、多田誠司、小池修、中村健吾、小野塚晃、向井滋春、吉田次郎、金子晴美、アンディ・エズリン、サンディ・ブレア、カール・カーター、ウィンストン・マコー、ブライアント・マクニール、ボブ・ケンモツ、ジョシュア・ブレイクストーン、バリー・フィナティ、サリナ・ジョーンズ、ウラジミール・シャフラノフ他多数。 

参加CDには滝野聡「TAKINO」、木住野佳子「bossa nostalgia」、堀秀彰「MOVING SCENES」、小林桂「ジャスト・シング」他。

 

2006年、ニューヨークで活躍するミュージシャンと録音したリーダーアルバム"I'm a drummer." を発表

 

ライブスケジュールは、ブログにて更新いたします。

「ドラマー藤井学」ライブスケジュール http://ameblo.jp/manabu-fujii/

有吉 拓  Taku Ariyoshi

藤井学ドラムスクールwebsiteの運営を担当。

自身では初級・中級者向けのクラスを開講しています。

1982年4月29日、鳥取県鳥取市生まれ。幼少期からピアノに親しみ、14歳からドラムを始める。17歳の頃、地元のバンドで全国ツアーを経験。辻本和宏氏、藤井学氏に師事。ヤマハ音楽院大阪卒業。2004年に上京。
2005~2012年、切ナ色歌謡ロックバンド「実験台モルモット」に所属。インディーズレーベル「conte」のプロモーションによるCD全国流通、PV撮影や主催イベント等に参加。単独公演「猫と廃墟と遊園地」渋谷Glad等。
レコーディング参加作品「中野ノ街二雨ガ降ル」「ヒポコンデリー」 「ピカピカのバッジ」「箱庭の音樂会」「世界の終わりゴッコ」「良い子のための感傷キセカヱ型録」等。

2009年より、ピアニスト萩野仁志のバンド「はぐどばん」のドラマーとして起用され、トッププレイヤーと多数共演。バンドのCDアルバム「Try it!!」「てんらんかいの絵」「Hug Bigin」のレコーディングに参加。
調和の取れたサウンドを得意とし、ジャンルに捕らわれず幅広い分野で活動を広げる他、即興ダンスの舞台演奏や音楽ワークショップ等でも好評を得ている。東京都内近郊を中心に活動し、近年はリーダーバンドにも力を入れている。

 

http://ariyoshitaku.jimdo.com/